MLで質問させて頂きました。

ご回答くださった小林様、有難う御座いました。

> ファイルの削除処理をDBのトランザクションがコミットされた後に行いたいと考
> えているのですが、コミット処理の結果を受けて動くコードを挿入する方法は
> ないのでしょうか。

Synchronization インタフェースの実装クラスを
TransactionSynchronizationRegistry に
登録すれば可能です.

http://download-llnw.oracle.com/javaee/6/api/javax/transaction/Synchronization.html
http://download-llnw.oracle.com/javaee/6/api/javax/transaction/TransactionSynchronizationRegistry.html

TransactionSynchronizationRegistry は
public フィールドか setter メソッドを
用意すれば Seasar2 によって DI されます.

public TransactionSynchronizationRegistry tsr;

tsr.registerInterposedSynchronization(new Synchronization() {
@Override
public void beforeCompletion() {
//コミット前の処理
}

@Override
public afterCompletion(int status) {
if (status == Status.STATUS_COMMITTED) {
//コミット後の処理
} else {
ロールバック後の処理
}
}
});